F91 GUNDAM F91
〜 2006 オラザク選手権出品 & 燃えコン弐用 〜





制作ポイント ガン王大阪大会で受けた刺激をぶつけてみました!
って、ほぼ素組みですが。^^
※詳細は『work』にて記載
 頭部:アンテナのシャープ化
     トサカ部分は、ヘルメット内に埋まるようにする為、干渉する部分を削ってます。
     これで約1〜2mmほど上下が短くなりました。
     バルカン部分は、ツブシ玉に変更してます。
 胴体:若干のスジ彫りとディテアップ程度
     バルカン部分は、ツブシ玉に変更してます。
 肩部:プラ板ディテアップ及びスジ彫り
 腰部:サイドアーマー上部を塞ぎ、市販パーツを張りました。また、取り付けの軸を2mm上方へ移しました。
 脚部:スネの部分で、5mm延長です。
     内部フレームは足首のパーツを下のほうで接続できるので問題なしです。
     延長にともない、スラスターカバーの延長としてプラ材にて行いました。
 
 あとは、全体的に、ピンバイスにて開口しています。
塗装 600番⇒サフ後、以下塗装。

白・・・(F)ファンデーションホワイト⇒(C)キャラクターホワイト
青・・・(C)コバルトブルー
黄・・・(G)サンシャインイエロー
黒・・・(G)ピュアブラック+(C)ガンダムカラーグレー
※F:フィニッシャーズ / C:クレオス / G:ガイアノーツ
 イメージとしては、υガンダムチックに。^^
 マスキングによる塗り分けを行ってます。
 ちなみに、うしろのメインスラスター内部・脚部シリンダーは金と銀で塗装してます。
 スミ入れは、エナメルのフラットブラックで。
 デカール(Xデカール+F91用水転写デカール)を張り、最後にトップコートを吹いて終了。
製作後記 初めてオラザクに参加しました。ガン王のときの勢いを大切にしましたよ。^^
そして、その勢いは止まらず燃えコン弐へと向かったわけです(笑)。

さて、キットは良好ですよ〜。このフレームには感動しました。しっかりと動きます。
あっ、ラフレシアは・・・えへ。^^

また、次作がんばりま〜す!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

inserted by FC2 system